1. ホーム>
  2. 「茨城県北「ひよっこ」推進協議会とは

茨城県北「ひよっこ」推進協議会とは

設立趣旨

 茨城県北地域は,海岸線など素晴らしい景観を有する臨海部と,美しい山々や温泉など自然に恵まれた中山間部から成り,海と山双方の魅力を併せ持つ地域です。また,長い歴史により育まれた多様な食や文化,産業を有しており,市民と行政が一体となって各種施策を推進し,魅力ある地域づくりを進めてきました。
しかしながら,多方面に大きな被害をもたらした2011年3月11日の東日本大震災や福島第一原発事故,さらには,国立社会保障・人口問題研究所によるところの更なる人口減少と高齢化の進展予想など,県北地域を取り巻く状況は厳しさを増しています。
そのような中に,2017年4月から県北西部を舞台とするNHKの連続テレビ小説・第96作「ひよっこ」の放送が始まります。NHKの連続テレビ小説は,日本を代表するドラマであり,国民と地域に誇りと活力を与えるなど大きな影響力を持っています。
連続テレビ小説「ひよっこ」の放送を通じて県北地域の魅力を県内外へ発信できることは,知名度向上や観光誘客,産業振興などに繋がるほか,地域住民の郷土への誇りと愛着の醸成が期待できるなど,地域活性化の絶好の機会となります。
このため,県北地域自治体等が連携し,各自治体が持つ様々な魅力を広域的に結び付け,県北西部を舞台とするドラマに絡め,機運醸成や情報発信,観光受入体制の整備など様々な活動を推進する組織として,ここに「茨城県北「ひよっこ」推進協議会」を設立するものです。

 

事務局連絡先

茨城県北「ひよっこ」推進協議会事務局

常陸大宮市商工観光課
〒319-2292 常陸大宮市中富町3135-6
電話番号 0295-52-1111 FAX 0295-52-2250

協議会ロゴマークについて

協議会ロゴマーク

ロゴマーク

茨城県北「ひよっこ」推進協議会では,「豊かな自然があふれる茨城県北6市町(日立市,常陸太田市,高萩市,北茨城市,常陸大宮市,大子町)が一つに繋がる」という意味と「たくさんの方々に楽しく茨城県北地域を訪問してほしい」という願いを,豊な里山や農村風景を背景に2匹のひよこが手を繋いでいる様子に込めると共に,女性から子どもまで,広く親しみを持ってもらえるように,可愛らしいイラストで表現しました。

ひよっコラボ

茨城県北「ひよっこ」推進協議会に広く親しみを持ってもらえるよう,特設サイト名称やお土産セレクションなどで使用していくキャッチーなネーミングとして「ひよっコラボ」を展開します。
「ひよっコラボ」は茨城県北地域の風土や,土地の恵みである農産物や食などのたくさんの魅力を,広域的に結び付けて発信力を高め,広くPRしていくラボラトリーズ(研究所)の意味と,県北6市町(日立市,常陸太田市,高萩市,北茨城市,常陸大宮市,大子町)を始めとする地元企業や団体などがコラボレーションして,観光誘客,産業振興など,地域を活性化していく意味を込めたネーミングです。